試乗・ご注文はこちら

 

正しい鞍は、馬を育てる

『確かな鞍選びは、ライダーのマナー』


馬の背には、一頭一頭に個体差があります。
筋肉の付き方、キコウ高さや、胸椎の長さ。

合わない鞍で乗り続けると、良いパフォーマンスが出来ないばかりでなく、
背の痛みで運動自体を嫌がったり、跛行したり、
ストレスで心身共に病んでしまうことにも繋がります。

その馬に合った鞍を使うことは、ライダーのマナーです。

そして、運動の内容や、年齢、健康状態によっても
馬の背の状態は、刻々と変化しています。

筋肉を鍛えて成長していく現役の馬、競技をリタイヤさせた馬、
どんな馬も、一年前と全く同じ背の状態ということは、ないのです。

ドイツやオランダでは、装蹄や歯科健診と同様に、
半年から1年に一度、定期的にサドルフィッティングが行われています。


 

『運動の質を上げる、毎年のフィッティング』


馬の左右のバランスが100%イコールである状態は、理想ですが
成長していく過程で、多少なりとも偏りが生じてしまうことも。
目には見えない左右のバランスの差異は、
ライダーにとって、何となく違和感、を感じる原因にもなっています。

正しいフィッティングを受けることで、
鞍は、理想のバランスに導くために馬をサポートをしてくれます。

私達がオランダから年に一度、招聘するプロのフィッターは、
ライダーが無意識下で感じていた目に見えない筋肉の偏りも
片手程のウールで鞍を調整することで、
目に見えて馬の動きが良くします。
まさに、魔法のようです。


 

『この鞍なら、馬も幸せ、人も幸せ』


馬には良くても、ライダーには乗りにくい形状の鞍、というものもあります。
どの鞍が乗りやすいか、というのは人それぞれですが、
Hulsebosの鞍は、ライダーにもとても優しいです。
脚が鞍と離れない安定感、騎座の扶助を伝えやすいシート、
ライダーのバランスを自在にコントロールできる自由さも、魅力です。




『無限のカスタムオーダー』


鞍は全てオーダーになります。
ライダーと馬の採寸後、オランダの工房でひとつひとつ手作りで
製作され、約2ヶ月〜3ヶ月で出来上がります。
ライダーと馬に合ったシートサイズや、
あおりの長さで製作しますが、
革の種類はもちろん、ディープシート、ニーロールの長さ、
革の色や糸の色、あおり革にイニシャルを刺繍したり、
パラライダー用にハンドルをつけたりと、
一背ずつ手作りだからこそできる、完全オーダーメイドです。

ライン製造の鞍では叶わない、あなたのための1背が作れます。




2つのタイプの試乗鞍(馬場)をご用意しております。
是非ご利用下さい。 

試乗・ご注文はこちら